スリランカ向けの輸出でホンダのヴェゼルハイブリッドの受注が好調だ。スリランカは2012年4月の中古車輸入規制の変更で、税制優遇のあるハイブリッド車が輸出の中心のマーケットとなっており、昨年はトヨタのアクアが人気でグレードとオプションによっては新車価格よりもオークション相場の方が高くなる傾向があったが、今年はヴェゼルハイブリッドが人気化する予兆あり。ヴェゼルは昨年12月の発売で、新車でオーダーされた車両がこれから順次納車されてマーケットにでてくると思われるが、国内でも人気がでており納期が遅くなってきているため、即納在庫があればスリランカ向けの輸出している貿易会社が車両の買い付けをすることが予想されます。スリランカ向けで人気のグレードはZで、人気色はホワイトパールまたはプレミアムディープロッソパール。今年はスリランカの人気の中心がアクアからヴェゼルに移っていくのか注目されます。