EAA検査

EAA検査はタンザニア、ウガンダ向けに輸出される車両は適用される輸出検査です。タンザニア向けはJAAI、ウガンダ向けはJEVICによる検査が実施されていますが、EAA検査はJAAI及びJEVICの検査と同等の検査としてタンザニア、ウガンダ政府に認められており、JAAI検査及びJEVIC検査の代わりにEAA検査を受けることで、タンザニア、ウガンダでの輸入条件を満たすことができます。日本での検査業務はイーストアフリカオートモービルサービス(株)が運営しています。

 


<検査内容>

A. 目視等による検査

 1)外観
  • 錆がない(もしくは錆止めのペイントを施されている)こと。
  • 外観を損ねる補修がされていないこと。(ガムテープ補修など)。
  • パネルの1/4を超えるダメージがないこと。(1/4以内であってもパネルに穴があいているような場合は不合格)
  • 部品の欠損がないこと。
  • 部品のガタツキがないこと。

 2)ドア

  • 開閉がスムーズに行えること。
  • 構成部品がしっかりと取り付けられていること。
  • ロック可能であること。
  • 自動ドアは手動でも開閉可能であること。
  • 隙間風や水の浸入がないこと。
  • スライドドアは開閉位置にしっかりと保持されていること。
 3)内装
  • ドア・天井・座席・カーペットなどに、ダメージ(破れやシミ等)がないこと。
  • 著しく汚れていないこと。
  • 各部品に、破損、欠損、その他著しいダメージがないこと。
  • シートベルトが装備されており、且つ、正常に機能すること。
  • 錆がない(もしくは錆止めのペイントが施されている)こと。
 4)足回り・下回り
  • 錆がない(もしくは錆止めのペイントが施されている)こと。 *経年劣化により発生した錆は除く。
  • 水、オイル、燃料等の漏れがないこと。
  • ブーツ、ブッシュ類に破れがないこと。
  • 各取り付け部にガタ、緩みがないこと。
  • 緩衝装置は正常に機能していること。
 5)排気系統
  • 排気漏れがないこと。
  • 過剰な騒音を発していないこと。
 6)タイヤ
  • 車両にあったサイズであること。はみ出し、ボディーへの接触は不可。
  • 構造のどの部分も、25mm以上もしくは接地面幅の10%以上の亀裂、剥離、隆起などのダメージがないこと。
  • 溝の深さは全て1.6mm以上であること。
  • しっかりと取り付けられていること。
  • 空気圧が規定値であること。
 7)エンジンルーム
  • 水、オイル、燃料等の漏れがないこと。
  • 著しく汚れていないこと。
  • 異音や振動がなく、正常に機能していること。
  • 錆がない(もしくは錆止めペイントが施されている)こと。
  • ベルトなどに著しい劣化やダメージがないこと。
  • バッテリーに液漏れ、硫酸化がないこと。
  • 配線の無理な取り付け、取り回しがないこと。
 8)計器類
  • 全ての計器が正常に作動していること。
  • バルブ切れがないこと。
  • エンジン始動後、各警告灯の点灯がないこと。
 9)装備品
  • エアコン、パワーウィンド、ホーンなどの全ての装備品は正常に作動していること。
 10)灯火類
  • バルブの切れがないこと。
  • スイッチやレバーなどの操作によって正常に点灯、または消灯すること。
  • レンズに割れなどのダメージがないこと。
 11)反射器
  • 後部に備えるものは赤色であること。
  • 前部、または中央部に備えるものは橙色であること。
  • しっかりと取り付けられていること。
 12)ミラー
  • ミラーに亀裂がないこと。
  • 格納可能なタイプは、その機能が損なわれていないこと。
  • しっかりと取り付けられていること。
 13)ワイパー
  • スイッチ操作に応じた作動をすること。
  • 錆がない(もしくは錆止めペイントが施されている)こと。
  • 著しい拭き残しがないこと。*ゴム切れ不可。
 14)ガラス
  • フロントガラスに15cm以上の亀裂がないこと。
  • 直接的に運転手の視野となる部分(車内より見て大よそ右半分)に2cm以上の長さの亀裂、または1.5cm以上の星型のダメージがないこと。
  • フロント3面のガラスは無色透明であること。(メーカーによる着色は除く) *フィルム、ステッカーなどの貼り付け不可。
  • 規格(JIS等)に基づく記号があること。

 

B. 検査機器等による検査

 1)サイドスリップ

 サイドスリップ

 1m走行につきIN・OUT5mm以内

 2)速度計 

 誤差

 31~44.4km/hの間を指すこと。(40km/h走行時)

 振れ

 +/-3km/h 以内(35km/h以上で走行している時)

 3)制動力

 主制動力の和

 重量(車重+55kg)の50%以上

 駐車ブレーキの和

 重量(車重+55kg)の20%以上

 後輪ブレーキの和

 軸重の10%以上

 左右差

 軸重(前:軸重+55kg/後:軸重)の8%以内

 4)前照灯

 照度

 4灯式 :12000cd以上
 2灯式(ロービーム同時点灯可) :12000cd以上
 2灯式(ロービーム同時点灯不可) :15000cd以上

 光軸

下前方10mにおいて取り付け高さよりも下方を照らしていること。

 5)排気ガス

 ガソリン車
 CO :3.5%以下
 HC 4cycle :1200ppm以下
 ディーゼル車
 黒煙測定器 :ターボ53%以内
  :ターボなし48%以内

 

C. 走行テスト

 1)走行時の異常

 著しい異音等、正常車両ではみられない異常がないこと。

 2)制動時の異常

 著しい異音等、正常車両ではみられない異常がないこと。