主な中古車輸出先国

日本から輸出される中古車のほとんどは右ハンドル車が利用される国々へ輸出されます。イギリスをはじめ、オーストラリア、ニュージーランド、ケニアなど旧英連邦の諸国がこれに該当し、日本の中古車が多く輸出されています。またこれ以外にもロシアなど左ハンドル車が主流の国でも、右ハンドルの日本車が輸出される国、ベンツやBMWなどの左ハンドル車限定で輸出される国など、日本の中古車が輸出されるマーケットはいろいろとあります。

それぞれのマーケットの傾向としては、アフリカ向けはトヨタ車が人気です。壊れにくいということと壊れた場合のスペアーパーツの入手が他のメーカーの車より安価で容易にできるというのが人気の理由のようです。イギリス、アイルランドなどはスカイラインのようなスポーツカーが人気、南米は安ければ何でもOKなど、輸出先のマーケットによって人気車種の傾向が違います。

 

 

【主な輸出先国】

エリア 国 名
アジア ミャンマー、U.A.E、バングラディシュ、パキスタン、スリランカ、モンゴル、マレーシア、シンガポール、香港、フィリピン、ブルネイ、モルジブ
アフリカ ケニア、ウガンダ、タンザニア、ボツワナ、ザンビア、ジンバブエ、ナミビア、モザンビーク、コンゴ民主共和国、スワジランド、レソト、モーリシャス、マラウィ、南スーダン、ナイジェリア
オセアニア オーストラリア、ニュージーランド、パプアニューギニアフィジー
南アメリカ チリ、ペルー、ボリビア、パラグアイ、ガイアナ、スリナム
カリブ海諸国 バハマ、ジャマイカ、トリニダード・トバゴ、バルバドス、ドミニカ、ドミニカ共和国、ケイマン、セント・ビンセント、グレナダ
ヨーロッパ ロシア、イギリス、アイルランド、キプロス、マルタ